ルーレットの遊び方

ディーラーとの心理戦が魅力

ルーレットの遊び方

ルーレットは、カジノでは日本だけでなく世界中で高い知名度を得ており、カジノの女王と実際に呼ばれている位、高い人気を誇っています。

ですが、ラスベガスやヨーロッパ圏においてはとても人気が高いとされていますが、アジア圏ではそれ程人気がないのが実情のようです。

そんなカジノは、マカオやラスベガスなどのランドカジノだけでなく、オンラインカジノなどタイプを問うことなく、世界中のカジノで非常にメジャーに楽しめるゲームであると言えるでしょう。

一言でルーレットと言っても、アメリカン・ヨーロピアン・フレンチと3つの違うタイプがあります。

カジノルーレットは、「0」「00」を含む38個の数字で構成されているアメリカンと、「0」を含む37個の数字で構成されているフレンチの2種類があります。タイプが異なっていても、オンラインであってもライブであってもゲームの流れは共通しています。

カジノゲームのルールとしては、バカラなどのテーブルゲームとは違って、専用チップを使用するので、現金もしくは既に持っているチップをディラーに渡して、先ずその専用チップに交換してもらう必要があります。

その後、シートの上の賭けたい場所に自由にチップを置いていきます。

ディーラーが回転盤の中で、指でボールを弾くことによって回し、「ノーモアベット」という掛け声が掛かるまで、自由に追加したり減らしたり、動かすことが可能です。
制限がなく何カ所でも賭けることが可能となっています。

ですが、ノーモアベットとの締め切りがあるまでに全部置いておく必要があるので、複数の箇所で勝負をするのであれば、シートを把握しておかなければ時間切れになる場合があるので注意が必要です。

締め切り後に、当たり番号が決定すると、ディーラーが、マーカーなようなものであるピックを、シートの当たり番号に置くのです。

そして、先に外れてしまったチップを回収した後に、配当が配られることになります。

ディーラーがピックを引き上げることが、自分のチップを回収しても良いというタイミングになっていることも覚えておきましょう。

オンラインカジノの場合はすべて自動で行ってくれるので特にチップなどの回収は気にしないで大丈夫です。

お得な入金不要ボーナス

優良オンラインカジノ

オンライン決済サービス