オンラインカジノの税金の計算方法

税金がかかるということを頭に入れておく

オンラインカジノの税金の計算方法

一時所得という税金

オンラインカジノで発生した利益には、一時所得という種類の税金がかかります。

一時所得は、「懸賞や福引きの賞金品」「競馬や競輪の利益」などにかかる税金です。

競馬や競輪で税金を払ったことがない人も多いでしょう。

実は、競馬や競輪は直接現金で勝ち金を受け取りますので、証拠に残りません。

そのため、税務署から見逃されているというのが現状になります。

オンラインカジノの場合にはネット上にしっかり記録が残っていますので、確定申告をしないと税務署から目をつけられる可能性があります。

一時所得には特別控除額が50万円分ありますので、利益から50万円を差し引くことができます。

そのため、年間の利益が50万円以下なら確定申告は不要になります。ここで注意が必要なのですが、一年のトータルの収支で計算してはいけません。

一時所得は「収入-経費-50万円(特別控除)」で計算されますが、この中の経費には負けたときの損失は含まれないのです。

負けたときの損失はノーカウントとなり、勝ったときの利益だけをカウントします。プレイヤーからしたら納得がいかない仕組みですが、現状法律がそうなっているので仕方ありません。

例えば、ある日に大勝して100万円の利益を出したとします。別の日に大負けして200万円の損失を出したとします。

この場合、トータルでは損をしていますが、確定申告が必要です。

大負けした200万円はノーカウントとなり、大勝した100万円についてはカウントされて一時所得の対象となるからです。

日本ではカジノは賭博罪が適用されて違法となります。海外のオンラインカジノの場合、サーバーが海外にあるので日本の法律は適用されず違法とはなりません

。グレーゾーンのような扱いとなっているために、税金の計算方法も不利になっているのかもしれませんね。

税金の仕組みを理解しておかないと、翌年の確定申告のときに税金が払えないということになる可能性もあるので、しっかりと理解した上で海外オンラインカジノを遊んでください。

お得な入金不要ボーナス

優良オンラインカジノ

オンライン決済サービス