テキサスホールデムポーカーの遊び方

プレイヤー同士の戦いが熱い

テキサスホールデムポーカーの遊び方

役を覚えてからプレイしよう

オンラインカジノでも流れ次第で勝利を導くことができるテキサスホールデムポーカーは、一般的なポーカーに様々な要素が加えられ途中で4回以上追加でベットをすることができ、最後に勝ち抜いたプレイヤーが全ての金額を総獲りできる一角千金が狙えるゲームです。

まずは親にあたるボタンを決めるために全員でカードを引き、最も強い数字を引いたプレイヤーがボタンとなります。

ここから先はカジノゲームのルールによって異なり、全てが含まれていたり一部のみが採用されているなどのローカルルールがあります。

その中のひとつであるプリフロップはボタンの左隣がSB、さらに左隣がBBとなり全員に2枚のカードが配られ、SBから時計回りにカードを配り終えてからBBはそのテーブルで定められている最低額のベットを行い、SBはその半額を強制的にベットします。

つづいてBBの隣のUTGが、BBの提示した額でコールするか否かを決めます。

ここで手元にある2枚のカードを元にフォールド、コール、レイズのいずれかを行うことができます。

プリフロップでは原則チェックを行うことができず、そのラウンドで誰もベットしていない場合のみ行えます。

もしも誰かがレイズした場合は、その額でコールするかフォールドするかを決めます。

ボタンまで1周してゲームを続行するか否かが決定すると、オプションによりSBとBBがゲームを続行するか否かを決められます。

ここで他のプレイヤーがレイズしていた場合はSBはフォールド、コール、レイズのいずれかを選択し、つづいてBBも同じように選択します。

オプションでレイズが行われた場合には他のプレイヤーもフォールド、コール、レイズのいずれかを選択できます。

全員が同じ額をベットをすると次のステージに進み、これまでの全員のベットはポットに集められます。

さらにゲームはフロップ、ターン、リバーを経て勝者が決定されます。

このように全員のベットが積み重なり、最後に残った者が総獲りできるのがテキサスホールデムポーカーの醍醐味です。

お得な入金不要ボーナス

優良オンラインカジノ

オンライン決済サービス